くすだ ひろこ  (  山本 廣子  )

       き りえ画家
         画文集「和白干潟の風」
         絵本「ひがた だいすき!」ほかを出版
          きりえ絵はがき集を12集まで発行
        「日本きりえ協会」 「福岡きりえ同好会」 会員
   
      長年自然保護活動 を続けている
                    「和白干潟を守る会」代表
  
      環境省環境カウン セラー
      (財)日本自然保 護協会自然観察指導員
      日本野鳥の会福岡 幹事
   



        アトリエ:海のきりえ館 「みやこどり」

  和白干潟の「アートギャラリー」

★和白干潟のきりえ作品を展示します。季節ごとの和白干潟の様子をご覧ください。★

                    冬の和白干潟 》




     《夕映えの和白干潟》

 和白干潟では、空気の澄んだ秋から冬の夕日が特に
 美しい。
 アシ原越しに眺める夕景は、ことにすばらしい。
 豊かな干潟とアシ原が、いつまでも続きますように・・・!




           《ツクシガモ》


 カモの仲間。絶滅危惧TB類。
 白く大きくて、赤・緑・栗色の色合いが美しい。
 1990年代後半から和白干潟に多く渡来。晩秋から
 翌年3月頃まで約300〜1000羽が越冬。

 

        《カンムリカイツブリ》

 冬の和白海域では、海ガモに混じってカンムリカイツブリや
 ハジロカイツブリが越冬している。
 カンムリカイツブリの長く白い首は、丸めて眠ることもでき
 る。


  

重要!  こ の「アートギャラリー」に掲載されている文章およ びきりえ画像の著作権は、
          和白干潟を守る会および個々の作者に帰属します。
          著作権法により、無断で転載・複製することは禁止されていますの で注意してください。

戻る  20161201 和白干潟を守る会