和白干潟の野鳥


 和白干潟は日本海側では我が国最大級の干潟です。

 春と秋はシギ・チドリ類の渡りの中継地となり、冬期はカモ類をはじめカモメ類・カイツブリ類など多 数の水鳥の越冬地となっています。

 シギ類ではオオソリハシシギ、チュウシャクシギ、ダイシャクシギ、ハマシギ、ミユビシギなどが越冬 します。日本では珍しいチドリ類のミヤコドリも毎年越冬します。

 干潟とその周辺部には淡水ガモと呼ばれるマガモ、ヒドリガモ、オナガガモなどが見られ、時として美 しいツクシガモも見られます。

 また、干潟に続く浅海域には海ガモ類のスズガモ、ホシハジロ、ホオジロガモやカンムリカイツブリが 見られました。しかし、沖の人工島工事着工以来、激減しています。

 カモメ類ではウミネコや福岡市の鳥・ユリカモメなど、また、少数ながらズグロカモメも 飛来します。

 サギ類の珍客カラシラサギが現れることあります。

 日本列島ぞいの南北と、中国・朝鮮半島からの東西の渡りルートの交差点にあたる博多湾・和白干潟 は、レッドリストで絶滅が心配されるクロツラヘラサギ、カンムリカイツブリ、コアジサシ、ホウロクシギなど貴重な水鳥も多数飛来しています。

鳥ごよみ

に見 られる
おもにに見られる
に見られる 年中見られる 
カラシラサギ■○
キョウジョシギ
トウネン
オバシギ
アオアシシギ
キアシシギ
ソリハシシギ
オオソリハシシギ
ホウロクシギ■▽
チュウシャクシギ
キリアイ
ハジロカイツブリ
カンムリカイツブリ●
カワウ
ヘラサギ■
クロツラヘラサギ■☆  
ツクシガモ●
マガモ
コガモ
ヨシガモ
オカヨシガモ
ヒドリガモ
オナガガモ
ハシビロガモ
ホシハジロ
スズガモ
ホオジロガモ

ウミアイサ
ヒクイナ
ミヤコドリ
メダイチドリ
ダイゼン
ハマシギ
ミユビシギ
ダイシャクシギ       
ユリカモメ
セグロカモメ
カモメ
ウミネコ
ズグロカモメ○
ツグミ
アオジ
オオジュリン

コアジサシ■        
ツバメ
オオヨシキリ
ダイサギ
コサギ
アオサギ
カルガモ
ミサゴ●
トビ
ハヤブサ●
シロチドリ
イソシギ
カワセミ
ハクセキレイ
イソヒヨドリ
セッカ
ホオジロ
カワラヒワ
ムクドリ

注(記号の意味)
● 環境庁編『日本の絶滅の恐れのある野生生物−レッドデータブック』1991年版で「危急種」
■ 同上「希少種」
☆ 国際自然保護連合(IUCN)編『絶滅の恐れのある動物−レッドリスト』1996年版で「絶滅寸前種」
○ 同上「絶滅危機種」
▽ 同上「準絶滅危惧種」


和白干潟を守る会ホーム ページへ