最 近の和白干潟

2010年10月


10月23日和白干潟クリーン作戦と自然観察報告
10月22日柏陵高校1年生の和白干潟自然観察報告
10月10日和白海岸探鳥会報告






10月23日和 白干潟 クリーン作戦と自然観察報告


◆10/23 (土)の和白干潟クリーン作戦と自然観察報告

●日 時 10/23 15:00〜17:00    晴       

● 参加者 : 合計287名
                       あいおいニッセイ同和損保株式会社:137名、
                       キヤノンマーティングジャパン株式会社:54名、
                       スターバックスコーヒー:20名(内子供2名)、
                       ザ・ノースフェイス:3名、
                       パタゴニア:2名、
                       福工大附属城東高校:55名、
                       一般参加:4名、和白干潟を守る会:12名

●回収ゴミ:合計・・530袋
                       可燃: 68袋、不燃:3袋・・合計71袋、アオサ:ゴミ袋に換算して・・459袋、
                       アオサ内訳(★ソリ:165回、★プラスチックカゴ:92回、★一輪車:14回)
                             ※換算方法・・・ソリ: 165×1.5=247袋、一輪車:14×2=28袋、
                           プラスチックカゴ:92×2=184袋
                       粗大ゴミ・・タイヤ:1個、木製はしご:1本、座椅子:1個、ベニヤ板:3枚、木切れ:7本

●観られた鳥・・・・・・・・ミヤコドリ:5羽、ハマシギ:約50羽、アオサギ、コサギ、ダイサギ、クロツラへラサギ:5羽、
                               ホウロクシギ:3羽、淡水ガモ:約1000羽、スズガモ:約300羽

●植物観察・・・・・・・・・アシの穂、ウラギクの花、アキノミチヤナギ、センニンソウの綿毛、ノイバラの実


   今、和白干潟は水鳥のカモ達で大分賑やかになりました。
アシ原にはアシの穂が伸び、薄紫のウラギクの花も満開になってひときわ目を引きます。
ウラギク
<ウラギク(ハマシオン)の花>

アキノミチヤナギが小さな可愛い花をつけています。
白いセンニンソウの綿毛や、ノイバラの実もだいぶ赤く色がついてきました。

  本日のクリーン作戦には、沢山の企業、高校生、一般参加と凄いことにな り、嬉しい悲鳴となりました。
午前中は港湾局委託でアオサ除去の清掃が行われており、広場前〜アシ原入り口〜和白方 面の手前は
きれいになっていましたが、唐原川河口〜和白までを、少し沖の濡れたアオサを回収しま した。
清掃1    清掃2
<清掃作業光景1>                                                                      <清掃作業光景2>

清掃運搬1    清掃運搬2
<力を合せて運搬作業>                                                                  <力を合せて運搬作業>

 今回も大勢の若人の力を借りてお陰さまで沢山のアオサを回収することが出来ました。

尚、あすみん情報でのオーストラリアから来日されている方も参加されました。           
オーストラリアからも    まとめ 
<オーストラリアからも飛び入り参加>                                           <まとめ>

 又、余り大勢の為に不手際により意思の疎通が上手く伝わらなかったように思いまし た。 
参加の皆様本当に有難うございました。お疲れ様でした。

 (報告:田辺)


◆10/23 (土) 水質調査と砂質調査結 果

水質調査結果 (測定:重松) 
測定場所:海の広場
            リン酸イオン(PO4)               :    0.02mg/l
            化学的酸素要求量(COD)     :      5.0mg/l 
             亜硝酸(NO2)                      :      0.005mg/l
             透視度                               :    42.5p
 
砂質調査結果 (測定:山之内)
   基点:海の広場前
   測定場所:浜辺側 10メートル
             測定点@ 表層酸化層の厚さ: 4o 還元層の黒色度:  9
             測定点A 表層酸化層の厚さ: 3o 還元層の黒色度:  9
             測定点B 表層酸化層の厚さ: 2o 還元層の黒色度:11
   測定場所:沖合い 150メートル
             測定点@ 表層酸化層の厚さ: 9o 還元層の黒色度:  9
             測定点A 表層酸化層の厚さ: 5o 還元層の黒色度:10
             測定点B 表層酸化層の厚さ: 7o 還元層の黒色度:10

(報告:山之内)




10月22日 (金) 柏陵高校1年生の和白干潟自然観察


柏陵高校環境科学コース1年生40名と先生5名の和 白干潟観察会
日  時:2010年10月22日(金)12:50〜15:10 −晴− 大潮 満 潮:9:08 干潮:14:58
和白干潟を守る会の自然観察ガイド:3名、カメラ:1名


   柏陵高校環境科学コース1年生40名と先生5名が22日和白干潟へ研修のため来られました。
潮の加減でこの日は、午後の観察会となりました。
 
   12時50分生徒さん達が来られた時、干潟には22羽のクロツラヘラサギがお昼寝中でした。
貝ほりの人が入ると飛び立つので、挨拶も無しでまず皆さんに望遠鏡で見てもらいました。

野鳥観察     クロツラヘラサギ
<野鳥の観察>                                                                   <20羽を超えるクロツラヘラサギ>

この環境科学コースの1年生は、干潟の生き物を観察しながら、干潟の浄化作用や
人間の生活と自然との関係について学習するのを目的としているとのこと。

干潟の生き物観察     円座になって生き物の確認
<干潟の生きもの観察>                                                           <円座になって干潟の生きもの解説>

   事前学習も良くCOP10にかかわる話しも出るし、質問も多く出ました。
皆で採って入れた二枚貝の浄化実験は、きれいな水になり歓声が上がりました。
毛むくじゃらのモクズガニも高校生の手になるとおとなしいものです。
ハマガニの大きいのを捕まえた子もいました。
ウスムラサキのハサミを持ったこのカニは私も初めて見ました。

モクズガニ     ハマガニ
<モクズガニ>                                                                  <ハマガニ>

浄化実験
<二枚貝による浄化実験結果>

鳥も生き物も多く、アオサは一面にありましたが沖では腐っていなかったので良かったです。
アオサを利用して何かを作り出す研究をしているとのことでしたが、理解出来ませんでした。
 メモを取る子、写真を撮る子、カニを捕まえて喜ぶ子、穴を掘ってはゴカイを見つける子、
暑くも寒くもないこの季節、楽しい干潟を肌で感じてもらえたのではないでしょうか。

ハマサジ 
<ハマサジ>

◆沿岸の植物では・・・二年かかってやっと花を咲かせるハマサジ、今満開のウラギク、
                              ルーペで見たらかわいいアキノミチヤナギ、色付き始めたハママツナ、葦の穂も出始めています。
                              砂をほってシオクグの根の広がりを調べておられる先生も。
  
◆観られた鳥は・・・・・クロツラヘラサギ22羽、ホウロクシギ5、カワウ2、ミヤコドリ5、ミサゴ1、
                              カモ(オナガガモ・ヒドリガモ・マガモ)、 スズガモ、ウミネコ、ダイサギ、コサギ、アオサギ      

◆生き物は・・・・・・・・・モクズガニ、ハマガニ、アシハラガニ、マメコブシガニ、コメツキガニ、アサリ、ソトオリガイ、
                              サルボウ、オキシジミ、マガキ、ウミニナ、ホソウミニナ、ヤドカリ、アラムシロガイフナムシ、
                              ハマトビムシ、フナムシ、ヨコエビ、クルマエビ、マハゼ、フジツボ、イトゴカイ、ゴカイ

◆海藻は・・・・・・・・・・アオサ、オゴノリ、ボウアオノリ
                               
(報告:田中)





10月10日 (日)和白海岸探鳥会報告


和白海岸定例探鳥 会 ( 主催:日本野鳥の会 福岡 ) 報告
    

日  時 : 2010年10月10日(日)  − 晴れ −   

コース : 和白海岸  海の広場〜アシ原〜砂洲〜唐の原川河口左岸 ―

[観察鳥種] 24種   [参加者数] 20人 
 

   10月7日に和白干潟にミヤコドリが渡来しました。
今朝の下見でも3羽が見られました。淡水ガモも200羽ほどを見ました。

   集合地での挨拶後に、きっと見られると思って海の広場方面に行きましたら、海は満潮になっており、
釣り人が入っていて、ミヤコドリもカモたちも消えていました。ショック!

   RKBの鉄塔にはミサゴが止まっていました。
海の広場付近にはホウロクシギの姿が見られます。
和白海岸にはアオサが多くなってきました。
満潮時なので海にはダイサギやアオサギの姿が無く、後背地の木々にたくさん止まってい ました。

観察会     ダイサギ
<探鳥会光景>                                                                   <後背地の木々で休むダイサギ>
 
   海の広場からアシ原を通って砂洲まで行きました。
アシ原入り口付近ではウラギクが大きく伸びてつぼみをたくさんつけていました。
少しだけ紫の花が咲き出していました。キンエノコロの穂もきれいです。
クコ、ツユクサ、シロバナサクラタデなどの花が咲いていました。
夏の花のハマナデシコもまだ少し咲いていました。

ウラギク     クコの花
<ウラギク>                                                                          <クコの花>

シロバナサクラタデ     ハマナデシコ
<シロバナサクラタデ>                                                                 <ハマナデシコ>

 しかしアシ原奥のナンキンハゼの葉はもう紅葉しており、夏と秋が同居して いる感じでした。

   砂洲からは海にヒドリガモが5羽浮かんでいるのが見られました。
まだエクリプス羽で茶色っぽい色です。
遠く奈多付近には、カワウの群れが浮かんで並んで行進しています。ウミネコも浮きに止 まっています。
 
   さらにアシ原の藪を進み、唐の原川河口左岸では、沿岸のハママツナの群落の中でカニを食べる
ホウロクシギ2羽を見ました。

アシハラを行く     ヒドリガモ
<アシ原を掻き分けて進む>                                                                 <ヒドリガモ>

雁ノ巣の橋付近の上空を飛んで渡るカワウ200羽程の群れを見ました。
さらに近くに飛んできたヒドリガモ30羽をよく見ることができました。
探鳥会ではミヤコドリに会えず残念でした。
 
             ( 参加者の感想 )
 
・ホウロクシギを近くで見ることができた。くちばしが長く、カニを食べる様子が観察さ れた。
・ウラギク(ハマシオン)がきれいだった。
・イソシギがかわいかった。
・ヒドリガモがたくさんはっきり見れてよかった。
 
(報告:山本)







「最 近の和白干潟」バックナンバー