活動紹介

 〜あなたも参加してみませんか?〜

和白干潟を守る会では、和白干潟の豊かな自然を未来の子どもたちに残すために、以下のよ うな活動を行なっています。

自然観察会(→より詳しい説明

保育園・小中学校・子どもエコクラブなどから依頼を受けて、毎年多数の和白干潟自然観察会のお世話をしています。会員が自然観察 ガイドとして子どもたちに和白干潟の自然を紹介しています。

また会では、自然観察ガイドの養成・研修のため、毎年自然観察ガイド講習会を開催しています。自然観察会のお手伝いをしてみたいという方は、是 非この講習会にご参加ください。

クリーン作戦と自然観察(→より詳しい説明

干潟には、人が海や川に捨てたゴミや海で大量発生したアオサが流れ着きます。会では、毎月第4土曜日(12月は第3土曜日)の 15:00〜17:00に干潟の清掃をしています。 きれいになった浜辺で自然の観察もします。気軽に自然に親しめる機会ですので、たくさんの方々に参加していただきたいと思います。

生物や水質の調査

野鳥に関する内外の一斉調査に協力したり、クリーン作戦の時に水質調査や砂質調査をしています。また、日常的に干潟の生物や環境 の状態を 観察しています。

和白干潟通信やパンフレットなどの発行

和白干潟の状況や会の活動などについて広く知ってもらうために、年4回(1・4・7・10月)『和白干潟通信』(B5判、8ペー 、写真多数)を発行しています(会員には郵送または手渡し)。また、パンフレットや写真集を発行し、干潟の自然を紹介しています。

インターネットでは、ホームページを開設し、様々な情報を発信しています。

定例会議等の開催

会の運営について話し合うため、毎月第4土曜日(12月は第3土曜日)の10:30〜13:00に、「定例会議」を開いていま す。会員なら誰でも参加して意見を言うことができます。時々、講師を呼んでミニ学習会をしたり、みんなで楽しく参加するワークショップを開いたりしていま す。

その他、通信編集会議やホームページ編集会議、観察会担当者会議など各担当毎の話し合いも多数あります。会員ならどれにも参加することができま す。会の運営に関わってみたい方は是非これらの会議をのぞいてみてください。飛び入り大歓迎です。

干潟保全のための働きかけ

和白干潟の自然が守られるよう、他の自然保護団体などと協力しつつ、福岡市など関係機関に働きかけをしています。

和白干潟を守る会ホーム ページへ