2018年度対外活動


   2017年度対外活動

   2016年度対外活動

   2015年度対外活動

  2014年度対外活動
  2013年度対外活動
  2012年度対外活動
  2011年度対外活動
  2010年度対外活動


カノコソウ観察会報告(山・川・海の流域会議)
                   松田 元

日時:4月21日(土)10:00~12:30
集合:香椎下原公民館及び山の神貯水池下駐車場
参加:7名(守る会4名、グリ-ンガイド1名、楽友会1名、歴史の会1名
コース:白岳~松尾山

4月21日(土)は予想以上の好天に恵まれ、まさに五月晴れの一日となりました。
 
      
<白岳登山>               <マムシグサ>
7人は新緑と木洩れ日の中、小鳥のさえずりを聞きながら、まずは白岳のカノコソウを目指して直登致しました。途中、グリーンガイドの古賀さんから案内していただき、この時期の草花のマムシグサやタチツボスミレ、アケビ、ヤマアイ、フジの花などを観察し、写真に写したりして登りました。
 
      
<カノコソウ>             <カノコソウ>
展望岩では田辺さんが見つけたハート形の樹木の間から、和白干潟や人工島、志賀島が一望できました。
白岳頂上では、少し早いですが白やピンクのカノコソウを観察することが出来ました。古賀さんのお話しでは今年のカノコソウはあまり出来が良くなくて、来年か再来年には期待できるとの事でした。カノコソウと一緒にシャクがたくさん生えており白い花が咲いていました。
 
    
<カノコソウとシャク>            <記念撮影>
その後、足を延ばして松尾山まで縦走しましたが、途中ウラシマソウを見た人もありまし。松尾山の頂上で昼食にしました。この日は天気も良く爽やかなので、他の登山者も多くありました。
 
     
<カノコソウ観察>            <松尾山頂上>
下山中にネコノメソウを見ました。筍も収穫できました。
秋山谷を経由して無事に終了いたしました。お疲れ様でした。


2018日本湿地ネットワーク総会・JAWANシンポジウム報告
                   中野 悠紀子

日 時:2018年3月31日(土)13:00〜17:00
場 所:船橋市男女共同参画センター
参加者:約60名 和白干潟を守る会2名

先に総会がありました。(13:00~14:00 )参加者は12名。議長に内野さんを選出し議事の2017年度活動報告、2017年度決算報告、2018年度活動方針、2018年度予算、2018年度役員について了承されました。また財界や行政団体などからの潤沢な助成金で活動するラムネットと行政や企業から全く自由な立場で発言し活動するJAWANの違いも発言されました。山本廣子さんは引き続き運営委員を務めます。

引き続き、JAWANシンポジウム「日本の湿地を守ろう2018」がありました。(14:00~17:00)
まず高田雅之さんの「湿地の恵みを考える」の講演から始まりました。湿地とは人と自然が出会う場所である。自然の生き物が湿地の恵みを受けているように、人にも恵みを与えている。単に湿地に親しむに留まらず、知識を得る、体験する、教育の場にするなど、湿地の恵みをより実感し生物の息吹を感じてもらう取り組みや、もう一歩先を見て湿地からの本当の恵みとは何かを考えることが重要である。現在ある湿地を保全し、そこから価値を得るのが最も社会経済的に望ましい。
 
   
<シンポジウムの様子1>         <シンポジウムの様子2>
山本茂雄さんは「日本に出回るアサリと潮干狩りをめぐる実情」と題して話されました。東京湾では国土交通省の調査によれば年間400万人が釣りや潮干狩りを楽しんでいるそうであるが、日本のアサリは絶滅に近い状態であるので外国産をまいているし、「活貝流通」の形態から、種の入れ替え、感染症の危険がある。この様な事を公にして対策を考えたい。

   
<シンポジウムの様子3>

続いて「報告」があり、熊谷佳二さん「仙台市・蒲生干潟と防潮堤」、岡藤さや香・中村美月さん「都市の水辺をフィールドとした学習活動」、若槻武行さん「辺野古新基地建設は進んでいない……」、中山敏則さん「三番瀬の過去・現在・未来」、田久保晴孝さん「三番瀬はなぜラムサール条約登録湿地をめざすのか」、
最後に「各地の報告」として御簾納照雄さん「盤洲干潟の現状と課題」、「笹木智恵子さん「中池見湿地における北陸新幹線の現況」、和白干潟を守る会も「大切な和白干潟の自然を、未来の子どもたちに残そう!」と題して、活動の歩みと干潟の現状と問題点を私が発表しました。


日本自然保護大賞授賞式・記念シンポジウム報告
                    田中 浩朗

日 時:2018年3月31日(土) 10:55~15:30
場 所:YMCAアジア青少年センター 9階 国際ホール (東京・水道橋)
参加者:約100名。守る会4名

 和白干潟を守る会は,平成29年度の日本自然保護大賞を受賞しました。この賞は,日本自然保護協会が2014年に創設した賞です。今年度は保護実践部門、教育普及部門、子ども、学生部門の3部門各1件と、沼田眞賞1件、選考委員特別賞2件の合計6団体・個人が選ばれ、守る会は保護実践部門で受賞しました。
 
    
<授賞式1>                 <授賞式2>
和白干潟で30年にわたり自然観察会・クリーン作戦・鳥類等の調査・広報普及活動を行ってきた実績が評価されたようです。授賞式と記念シンポジウムには、守る会の山本代表と関東在住会員3名が参加しました。
 
      
<授賞式3>             <授賞式全員記念撮影>
 午前中の授賞式では,受賞者が壇上で選考委員より賞状と楯を授与されました。守る会は,日本自然保護協会理事長で選考委員長でもある亀山章氏から山本代表と田中がそれぞれ賞状と楯を受け取りました。また、受賞者毎に選考委員6名を含めた記念撮影も行われました。ちなみに、選考委員のイルカさん(シンガーソングライター)も出席していました。
 
   
<シンポジウム1>             <シンポジウム2>
 
   
<シンポジウム3>             <審査員・イルカさん>
 午後の記念シンポジウムで、各受賞団体・個人が約15分ずつ、活動の紹介を行いました。守る会は、山本代表がパワーポイントのスライドを使い、活動中の写真を見せつつ、守る会の様々な活動について説明しました。講演の後の質疑応答では、和白干潟はなぜラムサール条約登録湿地にならないのか、また何か協力できることはないか、といった質問がなされました。山本代表は、福岡市議会へ請願書を出したが、一部会派の賛同が得られず継続審査となっている、署名活動などで協力できると回答しました。
 

 会場では、守る会のパンフレットや会報の配布、きりえ絵はがきの販売も行われました。また、シンポジウムの後には、パーティーも行われました。
 シンポジウムでは、他の受賞団体の活動を知る機会を得ましたが、特に印象に残っているのは、教育普及部門で受賞した「井の頭恩賜公園100年実行委員会」と子ども・学生部門で受賞した「自然探険コロボックルくらぶ」の活動です。前者は、井の頭公園を管理する行政(東京都)と市民ボランティアが非常に良い形で協力して自然再生を実現した事例です。後者は,埼玉県川口市綾瀬川の土手の遊歩道を舗装する計画を知った子どもたちが、土の道を残して欲しいと行政(川口市)に働きかけ、行政もその意見を取り入れて土の道を残したという事例です。両者に共通しているのは、行政と市民の関係がうまくいっていることと、市民、特に子どもの組織化がうまくいっていることです。いろいろな条件が異なりますので、守る会の活動にそのまま生かすというのは難しいかもしれませんが、そこに希望を見出すことはできるのではないかと感じました。


和白干潟の講演「みんなで守ろう!身近な自然を」 報告
                    河上 律代

日 時:2018年3月6日(火)14:10~15:20
場 所:香椎公民館
講 師:山本 廣子
参加者:61名 守る会4名

 お天気も良く町内の皆さんも多く出席して、山本さんの第2回目のお話も大変好評でした。
挨拶から「和白干潟の紹介」と「立花山・唐の原川・和白干潟の保全活動」を解りやすく手品で面白く紹介。
  
 
< マジックで和白干潟を紹介>         < マジックで和白干潟を紹介>
次は干潟の植物や鳥、貝、カニなどを写真のスライドを使って解説しました。実は公民館のパソコンではパワーポイントのファイルが立ち上がらず、写真だけは見ることができました。スライドを見せながら、和白干潟の自然についてや、保全の経緯、和白干潟を守る会の活動などを話しました。今年で30年になることなどを話すと、皆さんに褒めてもらいました。
  
  
<守る会の活動紹介>             <絵本読み聞かせ>
 最後に山本さんの絵本「ひがた だいすき」の読み聞かせがありました。やはり著者自身のお話はみんなに大変喜ばれました。香椎保育所の先生5名も参加されていました。香椎保育所は香椎公民館の向いにあります。帰りに皆で寄ってお礼を述べました。香椎の身近な自然、和白干潟の大切さを伝えることができて、良かったと思います。


第5回 エクセレントNPO大賞表彰式 参加報告
                     山本 廣子

日 時:2018年1月18日(木)13:00~15:00(交流会:15:00~16:00)
会 場:毎日新聞社「毎日ホール」(東京都千代田区一ツ橋1-1-1)
主 催:エクセレントNPOを目指そう市民会議 共催:毎日新聞 協賛、後援、協力など多数
参 加:エクセレントNPO大賞ノミネート団体(14団体メンバー)と主催者や共催者、協賛、後援、協力団体、審査員など約80名 和白干潟を守る会3名
13時より、主催者挨拶、共催者挨拶、協賛、後援者などの挨拶があり、審査の説明後、ノミネ-ト団体の紹介と表彰式がありました。全国から156団体の応募があり、その内14団体がノミネート団体として選ばれたそうです。
  
     
<受賞式>                 <祈念撮影>
まず「市民賞」では市民の参加と市民としての成長を実現しているかなどの視点から5団体が選ばれ、それぞれの団体がパワーポイントで紹介されました。1団体ごとに表彰状をいただきました。和白干潟を守る会は「市民賞」にノミネートされていましたので、私が前で紹介と表彰を受けました。さらにこの中から「アルテピアッツアびばい」が「市民賞」に選ばれました。

次に「課題解決力賞」は課題を認識し、その認識を進化させ、それに伴う活動や事業も進化させているか、そして実際に成果を上げているかなどの視点から4団体がノミネートされて、紹介と表彰がされました。その中から「Learning for All」が「課題解決力賞」に選ばれました。最後に「組織力賞」では、組織を持続・発展させていくための取り組みを行っているかなどの視点から5団体がノミネートされ、紹介と表彰がありました。その中から「ホームホスピス宮崎」が「組織力賞」に選ばれました。

さらにこの3団体の中から「大賞」が選ばれます。「大賞」は「Learning for All」が選ばれました。「Learning for All」は「「教育格差を終わらせる。」をミッションに、学習支援事業と「子どもの家」事業を展開しています。学習支援事業では、大学生をボランティア教師として採用・研修し、教育の機会に恵まれない子供たちに対して学習支援を実施。過去6年間でのべ2000名の大学生ボランティアがのべ5000名の子どもに支援した。

「子供の家」事業では、日本財団が開始した、家でも学校でもない「第3の居場所」の拠点運営を実施。今後全国に100拠点展開される本事業の第1号拠点の立ち上げと運営を任される。学習面およびその他あらゆる面から子供たちを包括的に支援している。」という紹介文があります。全体的に若いノミネート団体が多く、特にに子どもや外国(アフリカや東南アジア)の子どもや貧困者の支援団体が目立ちました。

私は様々なNPOやボランティア団体が日本にも多く出来ていることを感じましたが、それでも日本という国はいい方向には向かっていないと感じています。またこのノミネート14団体の中で環境関係団体は「美ら海振興会」と「和白干潟を守る会」の2団体のみでした。子ども関係や福祉の団体が多くを占めているようでした。「美ら海振興会」は沖縄の海洋環境の保護活動をしている団体でした。

白干潟を守る会はこのような多くの団体の中で大賞の「市民賞」にノミネートされて、すばらしいことだと思いますが、受賞するのはなかなか難しいですね。授賞式後に1時間ほど交流会があり、この場で参加者を前にノミネート団体がそれぞれ会の紹介をしました。和白干潟を守る会が1番に話して、3名で参加者に和白干潟通信と守る会案内リーフレットを配布しました。参加いただいた中野さん、山本幸正さん、お疲れ様でした。


山・川・海の流域会議 新春講演会 「活動としての自然保護」
                     松田 元

日時:2018年1月13日(土)10:00~11:30
場所:なみきスクエア (2階 視聴覚室)
講師:磯野文雄氏 (立花山グリーンガイドの会)
参加:20名   立花山グリーンガイドの会 8名、和白干潟を守る会 8名
        ラボラトリー 2名、楽友会 1名、学び合う会 1名
 
恒例の「新春講演会」も今年で第六回を迎えました。今回は立花山グリーンガイドの会の磯野文雄氏に講演をお願い致しました。磯野さんは日本山岳会北九州支部の副部長としてまた、森林保全巡視員としても九州の山の保護活動に邁進しておられます。
今回は、山を中心に自然保護について基礎から詳しく、分かり易くご講義頂きました。また、日頃の活動を通じての体験談や問題点の提起などをご紹介頂きました。
  
    
<プログラム>                <講演のようす>
先ず、保護と保全の使い分け、自然保護の定義や仕組み法律・条約、「種」しゅとは何かなど詳しくお話し頂きました。また、立花山グリーンガイドの会の活動状況や、山のトイレや清掃登山などの興味深いお話を聞かせて頂きました。最後に山・川・海の流域会議の活動意義にも触れられました。メンバーらがこれまでに経験してきたことを活かしながら自然を守り互いに学び合い、生物や環境を全体としてとらえ、生態系全体を保全することの大切さを改めて強く感じました。
  
      
<講演のようす>               <講演のようす>
質疑応答の中では、立花山や三日月山の自然保護と眺望景観の関係での質問や意見が多くありました。これは今後もそれぞれのご意見を参考に、相互の理解と協力で粘り強く解決すべきことだと思いました。また、トイレについての質問も多く、皆さん関心が有るようでした。
質問の他に要望として「昨年の立花山自然観察会で立花山グリーンガイドさんの説明を受けながらの立花山の登山イベントが良かったので続けて企画してほしい」との要望もありました。また立花山の歴史についても同様のご意見もあり、是非考えたいと思います。




戻る